FC2ブログ
 

Fairy tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホサポだったこと・・・

今だから言える南アフリカ大会の私のアホ話を書きます。
思い出しただけでも笑える。

今回はドイツはあまりリアルタイムで試合を放送してもらえなかったので
朝起きて試合の結果を知る事が多かったです。
オーストラリア戦の時、姉が真っ先に教えてくれて
ガーナ戦もメールすると言われてはいなくてもまあメールが来たら
ある程度結果がわかっちゃうなって思ってたんです。(姉は早起き)

ドイツ代表はガーナに敗れると一貫のおしまいなのでほとんどよく
眠れずに口から胃が飛び出ちゃいそうな気持ちで睡眠。
朝起きると、姉からのメールがきてない
=負けた!?と一方的に思いこんじゃったのです。
テレビとネットで調べれば良かったけどそんな勇気もなく、とにかくテレビに近づき
たくもないし・・・親の顔も見たくなくて居間に行きたくもない(重傷)

母も何も言ってこないので、
「気を使って何も言わないんだ」
と勝手に勘違い・・・(こらっ)

その日は休みだったのでとにかくどこか遠くに行って頭を冷やそうと思い
さっさと外出、でも電車でスポーツ新聞とか見たくないのでバスに乗って遠出
頭の中では「2年後に2年後に頭を切り替えよう」と必死

途中店の曲を聴いて思わず涙 泣く
(ペットのコジマの中でした、この時に見つけた 犬用のドイツユニもどき買えば良かった)
途中、どこかのコンビニの新聞に「スペイン首相 タコ救う」との文字に??
(これはスペイン戦後の落ち込みの時だった、ごっちゃになってました)

夜過ぎまでウロウロ 傷心いえずに帰宅
そのまま失意のまま就寝

次の朝に姉から「生きてる?」というメールが来たので
「死んでるわい」と思いながらメールを見ると
「まさかあんた負けたと思ってない?勝ったよ」みたいな文字がっ!!

私は丸1日 ドイツ代表がグループリーグ敗退したと思いこんでたのでした。
姉が会社に携帯を忘れ、母は何故か新聞を読まないという不運

この後、ドイツ代表は怒涛の快進撃を見せるのですが
3位になれて、本当、あの時の私はアホだったなって
苦笑いです・・・
もっと強い精神力が欲しいです・・・

doitu199.jpg
私の心配と裏腹にドイツ代表は楽しそうにW杯ライフを送ってたのでした。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。