Fairy tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイアーの旅立ち

今日、明日、いつかノイアーの移籍の発表が来てしまう。
移籍話がごたごたして長引いたおかげで覚悟は出来てたみたいで
朝、情報を知って意外と落ち着いている自分に驚きました。
何か良さそうなGKが決まりそうなのも影響しているのでしょうか。
(元シャルケみたいで)

私でさへこれだけ辛いのだから、シャルケの長年のファンや会長さんやシャルケの選手達の
気持ちを考えるとライバルであるバイヤンに移籍がどれだけ
苦しい事なのか。
移籍発表から明らかにシャルケメンバーが落ち込んでポテンシャルが
落ちてしまったのを見てかわいそうで
ノイアーに対して怒った事もありました。

でもチームから選手が出て行くのをずっと見送り続けてきたノイアー、
チームを守って来た彼は残される者の気持ちが一番わかるのです。

それでも世界最高のGKへの道を進むために行かなくてはいけない
シャルケ目線で考えると嫌だけど
ノイアーのためを思って考えると、仕方がないのです。

neuer6.jpg
さみしーなー が本音のウッチー  
そしてノイアーも彼がシャルケにおける未練の一つなんですよね

私も「嫌ー!何でよりにもよってバイエルン戦で敵のゴールを守っているノイアーも
見なきゃいけないの~ それ何ていう罰ゲーム!」
シャルケの象徴がライバルチームのゴールに立っているのを想像して苦しんだり
泣いたりしてましたが

ウッチーのロングインタービューのある 「Number」を読んで

ああ、そうだ バイエルン戦は確かに敵と味方だけど でも好敵手としてだけど
ウッチーもシャルケのメンバーもまたノイアーと同じピッチの上で会える場所なんだ
と考えられるようになりました。

このNumberには、ウッチーとノイアーの絆の感動秘話もあって
ノイアーの突然の移籍(転校)で「君がくれたもの」みたいだなと思ってたんですが
まさか本当にノイアーが最後にウッチーを秘密基地(アイス屋)に連れて行って
思い出の場所を案内するとは!

5歳からですよ・・・10代の小さかった頃のノイアーがエジルをはじめ、
もう居ない選手と一緒にアイスを食べていたり
そしてどれだけ皆を見送ってきたのが辛かったのか
このインタビューのおかげで痛いほどわかって 涙腺が大崩壊
ウッチーにわかってほしかったのかな

バイヤンは代表選手が多いのでノイアーのコメント通り
行ったら行ったで人間関係は全く苦労しないで、彼にとってワクワクものだとは思います。
ちょっとブーイングもラーム君やシュバイニーやミュラーが全力で
ブロックしてくれると思う。
でも素顔のあの笑顔はなかなか見れなくなっちゃいそうで

またいつか戻ってきてね・・・
私はシャルケをずっと応援していきます

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。